電波の通り道に障害となる物が建ってテレビの映りが悪くなることです。
テレビはテレビ局からの電波によって画面が映るわけですが、
その電波の通り道に障害となる高い建物、つまりマンションなどを建ててしまうと、
そこを通過していた電波がさえぎられ、建物から見て電波の発信している方向とは逆の方向に
ある地域のテレビの映りが悪くなることがあります。また、建物が空中を飛んでくる電波を反射して、
テレビの画面が二重に見えることがあります。この場合は建物から見て電波の発信している方向に障害が表れます。
これらを電波障害と呼んでいます。

もし、これらの電波障害が起こった場合、当然その建物の責任になりますので、
通常はその建築したマンションの屋上にアンテナを立てて、そこから電波障害の出た家庭の
アンテナに線を引いてやります。そうすると、そのマンションでキャッチした電波を送信できるので
クリアな映像が得られます。さて、この電波障害対策に必要な費用ですが、当然マンション建設側、
つまりデベロッパーが負担します。
しかしその後の管理費用や修繕費用などは新所有者すなわち管理組合で負担することになります。

京都の不動産はプラネット イトー住販にお任せください

会社外観

プラネット イトー住販は、京都市左京区・北区・上京区の不動産を中心に仲介・販売しており、個人のお客様から収益投資物件をお探しの方まで、売買・建築・売却査定など、住まいのトータルサポートを致します。

京都密着・30年以上の不動産取引実績があり、一件一件、スタッフが丁寧に対応させていただきます。

物件探しのご相談・お問い合わせ

CONTACT US
© 2023 京都市の不動産探し/北区や左京区の不動産はプラネット イトー住販 . All rights reserved.