民法上、隣家に対して、壊れた塀の修理代相当額の賠償請求は出来ます。
倒れた木の管理者あるいは所有者として、隣家は責任を負います。 

また、隣家との境界に塀を建てる際、相手との話し合いが付かなくても
板塀または竹垣で高さ2メートルの塀なら、
相手にも塀の設置費用を負担させることも可能です。(民法225条、226条)
なお、これより高い塀や素材をコンクリートなどにする場合設置は自由ですが、
その分の費用は請求出来ません。

京都の不動産はプラネット イトー住販にお任せください

会社外観

プラネット イトー住販は、京都市左京区・北区・上京区の不動産を中心に仲介・販売しており、個人のお客様から収益投資物件をお探しの方まで、売買・建築・売却査定など、住まいのトータルサポートを致します。

京都密着・30年以上の不動産取引実績があり、一件一件、スタッフが丁寧に対応させていただきます。

物件探しのご相談・お問い合わせ

CONTACT US
© 2023 京都市の不動産探し/北区や左京区の不動産はプラネット イトー住販 . All rights reserved.