不動産情報スタッフブログ

暑い季節になってきましたね。梅雨が近づく中、昼間は日差しが強く、5月で30度を超える真夏日を記録したところもあったようです。日中の暑さにご注意ください。

こんにちは、不動産ニュース担当のSです。今回は、民間住宅ローンの状況についてお伝えします。

低金利の情勢もあり、新築住宅や中古住宅を購入するための住宅ローン借入が増加しているようです。景気が上向いていることが伺えますね。

新築・中古住宅向け どちらの住宅ローンも増加傾向

国土交通省より発表された平成28年度のデータによりますと、新築住宅向けの貸出は2年連続アップ、中古住宅向けは5年連続アップで、特に中古住宅向けは前年比38%増と、大幅にアップしています。

また、他の住宅ローンからの借換えは84.6%増で4年ぶりの増加、金利については、10年の固定金利・10年超の固定金利を選択する人が多く、全期間固定金利を選択する人も増えています。

新築住宅向け貸出金額

平成23年度 7兆2393億円
平成24年度 8兆4493億円
平成25年度 8兆1263億円
平成26年度 7兆4414億円
平成27年度 7兆4871億円
平成28年度 8兆3884億円

平成28年度の傾向

  • 新築向けのローンは2年連続の増加
  • 前年度に比べて、12%増、9013億円増
  • 新築は、新規貸出金額の68.4%

中古住宅向け貸出金額

平成23年度 1兆654億円
平成24年度 1兆2150億円
平成25年度 1兆3058億円
平成26年度 1兆5692億円
平成27年度 1兆6108億円
平成28年度 2兆2235億円

平成28年度の傾向

  • 中古住宅向けのローンは5年連続の増加
  • 前年度に比べて、38%増、6127億円増で大幅アップ
  • 中古住宅は、新規貸出金額の20.5%

※国土交通省発表『民間住宅ローン実態調査』より

低金利が続き、新築住宅・中古住宅を購入しやすい時期です!

今回の発表で注目するところは、中古住宅向けの貸出が大幅に増えたことです。

現在の金利傾向も、上昇すると言われながら、いまだ低金利の状態が続いています。

低金利の固定金利も選択肢やすいため、住宅購入をしやすい時期とも言えます。

イトー住販では、京都市内の新築物件、新築のための土地、中古住宅など、多数の不動産を仲介可能です。特に左京区・北区の不動産をお探しの際は、ご相談ください。

サイトに掲載していないあなたにぴったりの物件情報をいち早くメールでお知らせします。
不動産のことはプロのスタッフへ

マッチングメールシステム あなたの希望にマッチした物件情報をいち早くメールにてお届けします!

お問い合わせ 物件資料請求

購入方法お問い合わせ 不動産を買いたい方

売却方法お問い合わせ 不動産を売りたい方

HOMES 売買物件を探す

不動産なび

住宅ローンシュミレーター 購入可能金額を計算

賢い購入方法

賢い売却方法

スタッフブログ

最新記事

月別の過去記事一覧

営業スタッフ募集

ヘルプ

  • 不動産用語
  • 不動産豆知識
  • 地域情報
  • Q&A
  • 施工実績

不動産情報センタープラネット
有限会社イトー住販

〒606-0953
京都市左京区松ヶ崎海尻町5番地

  • TEL:075-722-5100
  • FAX:075-722-5101

営業時間 8:30~20:00(月・火・日)8:30~19:00
定休日 水曜日

求人情報

アクセス

スタッフ紹介

ライフルホームズ 西日本エリア2位